矯正歯科について

歯並びや咬み合わせが悪いことを専門的には『不正咬合』といいます。 この不正咬合を、きちんと噛み合うようにして、きれいな歯ならびにする治療が矯正治療です。 歯並びや咬み合わせが悪いことは見た目だけの問題ではなくいろいろな障害の原因になります。
【不正咬合によって生じる障害】
・歯磨きが行き届かず磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病になりやすくなる。
・かみ合わせが悪いため食べ物を良くかめず、胃腸に障害を起こすことがある。
・しっかり咬むことができないことで身体的成長、脳の発達、集中力の低下などに影響します。
・歯の並びは発音にも影響するため、正しい発音ができなくなる。
・歯並びの悪さそのものが心理的なストレスとなり、精神的に落ち着かなくなる。
・顎の関節や筋肉に負担がかかり顎関節症を引き起こしたり、肩こりや頭痛、腰痛を起こすこともあります。
・姿勢が悪くなり、体・顔のゆがみにつながることもあります。
健康+美しさ
矯正治療は、歯並びや咬み合わせをキレイに整えることでしっかり咬めるようにすると同時に各種健康面の障害を予防し、見た目とともに心身の健康を増進させる医療です。
矯正歯科 イメージ

checkpoint
矯正治療は多くの一般歯科などでも行っていますが、適切な矯正治療に必要な技術レベルは相当に高いものとなっています。 患者様ごとの症例にベストな治療方法を提供するにはより多くの経験と深い専門性を追求していることがとても大切です。 矯正治療をお考えの方は、矯正治療に特化した医院での治療をお勧めします。

子供の矯正(小児矯正)

現在では、治療技術の進歩により成人の方でも矯正治療が可能になりました。 しかし、実際には矯正は永久歯がはえそろう前から行った方が治療効果は高くメリットも多いのです。 理由として、顎骨の成長が終わってしまっている大人ではどうしても歯を動かすだけの矯正になってしましますが、子供の時期ですと成長段階にあるので顎の成長をある程度コントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。
小児矯正イメージ

◆一期治療と二期治療
小児矯正を始める場合、矯正治療を一期治療と二期治療の2段階にわけて計画します。 トータルの治療期間は長くなりますが、成長期にしかできない『発育の誘導』や『予防』の治療を 行うことができます。 また、治療費用は大人になってから始める時と変わりません。 場合によっては一期治療で終える事が出来る場合もあります。
◇子供の矯正のメリット
(1)あごの成長をコントロールすることで、顔立ちも改善することができ、治療の仕上がりが良くできる。
(2)乳歯を抜くタイミングを調整することで、永久歯を正しい位置に導くことができる。
(3)永久歯のスペースを確保することにより、抜歯の可能性を減らすことができる。
(4)虫歯の予防や虫歯の治療も早期の段階で行うことができます

小児矯正の一期治療と二期治療。大人になってからと治療費用は変わりません。

大人の矯正(成人矯正)

成人矯正とは、歯・顎の成長発育が終了し、歯が永久歯になった方への矯正治療です。咬み合わせを綺麗に並べます。この中にはがたがた歯、八重歯、開咬、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)が含まれます。成人矯正では見た目はもちろん咬む機能と心身の健康増進を目的とした医療なのです。 患者さまのライフスタイルや歯並びの状態に合わせて様々な矯正装置や方法がございます。
成人矯正イメージ

矯正の種類と装置

◆唇側矯正(ラビアル)
表側(唇側)から行う一般的な治療方法です。 当院では目立たない透明の装置やセルフライゲーションブラケットを使用しています。
唇側矯正(ラビアル)写真1唇側矯正(ラビアル)写真2
◆舌側矯正(リンガル)おすすめ!
歯の裏側(舌側)から装置をつける方法で矯正中も、人に気づかれず治療が行える方法です。 矯正の治療は数年に及ぶ治療期間を要します。 職業がら人目を気にしなければならない方でも お仕事を続けながら治療ができます。
▽▽見えない矯正(舌側矯正)をもっと知りたい方はこちらをクリック▽▽

見えない矯正(舌側矯正)

見えない矯正(舌側矯正イメージ)
・線路のようなワイヤーをみられるのが恥ずかしい!
・人前で思いっきり笑顔ができなくなる・・・
・仕事の関係で矯正装置をつけられない(接客業、営業職、モデル、俳優など)

当医院の患者様にも初めて診療に見えたお客様からこういったお話を聞くことは大変多いです。 実際、矯正治療は数年の治療期間がかかる事が多く、学生期、就職期、結婚期と人生の 大切な期間に矯正治療が障害になってしまうことを心配される方が多くいらっしゃいます。 こういった患者様には舌側(裏側)矯正をおススメします。
舌側矯正のメリット

・歯の表側のエナメル質へのダメージがない。 ・虫歯のリスクが低い(常に装置が唾液で洗浄されているため) ・歯が前に出ているケースではより前歯が後退しやすい。 ・装置が見えない、歯列矯正に気づかれにくい

舌側矯正のメリット
舌側矯正のデメリット

・装置セット当初は、発音しにくい場合がある。 ・表側の歯列矯正と比較して費用が高い

舌側矯正のデメリット

◇ハーフリンガル
上の歯は裏側に、下の歯は表側に矯正装置を付けます。 上の装置は裏側に装着してあるため、笑った際にも矯正装置が見えづらくなります。
ハーフリンガル(舌側矯正)

◇フルリンガル
上下共に歯の裏側に矯正装置を使用します。人からは矯正装置がほとんどみえないので「矯正装置を見られると恥ずかしい」という方にはお勧めです。
舌側矯正(リンガル)写真2 舌側矯正(リンガル)写真1

◆インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)
表側(唇側)から行う一般的な治療方法です。 当院では目立たない透明の装置やセルフライゲーションブラケットを使用しています。

治療の流れ

初診カウンセリング

まず最初に、お悩みについて伺います。不安に思われていることなど、お気軽にご相談ください。最も適した治療開始の時期、その時点で予想される治療方法、治療期間、矯正治療料金などについて概略をご説明させていただきます。

精密検査

患者さま個々の現在の状態を詳細に把握するためにお顔やお口の中の写真撮影のほか、レントゲン写真の撮影、口腔内診査、および歯型の作成を行います。

診断結果・説明

検査の結果を踏まえて、治療の方法、治療期間、諸費用などのご説明をさせていただきます。 この段階で不安な点、不明な点についてご質問いただき、納得いただいた上で治療を開始していきます。

矯正治療開始(治療期間2~3年)

矯正装置を装着し歯を動かす処置に入っていきます。月に1回程度のペースで定期的に通院していただき 装置の調整やあと戻りしていないかどうかの確認を行っていきます。

保定・定期健診(期間2年)

治療期間が終了後も、治った歯並びが安定するように経過を見させていただきます。だいたい3ヶ月に1回程度の通院を2年ほど継続していただきます。

終了

咬み合わせの安定を確認したら治療終了となります。



歯の矯正に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。|愛知県名古屋市のおおもり矯正歯科クリニック。tel:052-629-3399 mail:info@omori-ortho.com
|トップページ| 矯正歯科について| 治療費用について| 治療症例紹介| 医院・設備紹介| ご相談予約/ご意見箱| 求人情報|
Copyright© 2011 名古屋の矯正歯科・舌側矯正ならおおもり矯正歯科クリニック (愛知県名古屋市緑区) All Rights Reserved.