治療症例紹介

叢生【そうせい】(乱ぐい歯・八重歯)

叢生【そうせい】(乱ぐい歯・八重歯)
叢生(そうせい)とは、歯が乱雑に生えてきて、歯並びがガタガタになってしまっている状態のことを言います。叢生の原因としては、生えてくる歯のサイズと顎のサイズが合わず、いろいろな方向から生えてきてしまうことが原因とされています。いわゆる八重歯もこの症状のひとつです。
▽▽クリックすると症例が開きます▽▽

叢生治療症例1

治療前
叢生治療前 叢生治療前 叢生治療前
治療後
叢生治療前 叢生治療前 叢生治療前

<トップへ戻る>

叢生治療症例2

治療前
叢生治療前 叢生治療前 叢生治療前
治療後
叢生治療前 叢生治療前 叢生治療前

<トップへ戻る>

叢生治療症例3

治療前
叢生治療前 叢生治療前 叢生治療前
治療後
叢生治療前 叢生治療前 叢生治療前

<トップへ戻る>

すきっ歯(空隙歯列・歯間離開)

すきっ歯(空隙歯列・歯間離開)
子供の前歯のすきっ歯の場合、唇と歯茎にかけて伸びる筋を切ってあげることにより、時間とともに自然にくっついてきますが、成人の場合は、矯正治療が必要です。

▽▽クリックすると症例が開きます▽▽

すきっ歯治療症例1

治療前
すきっ歯治療前 すきっ歯治療前 すきっ歯治療前
治療後
すきっ歯治療後 すきっ歯治療後 すきっ歯治療後

<トップへ戻る>

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)
出っ歯(上顎前突)の原因としては、成長期に病気などでうまく鼻呼吸ができず、口呼吸を長く続けてしまっていたり、指しゃぶりや舌へき(舌を突き出して飲み込む癖)などが原因として考えられます。


▽▽クリックすると症例が開きます▽▽

出っ歯治療症例1

治療前
出っ歯治療前 出っ歯治療前 出っ歯治療前
治療後
出っ歯治療後 出っ歯治療後 出っ歯治療後

出っ歯治療症例2

治療前
出っ歯治療前 出っ歯治療前 出っ歯治療前
治療後
出っ歯治療後 出っ歯治療後 出っ歯治療後

<トップへ戻る>

正中線のずれ

正中線のずれ
正中線とは「上の2本の前歯の間の線」と「下の2本の前歯の間の線」を結んだ縦のラインのことを言います。ここが上下でずれていることを「正中線のずれ」といいます。
いつもうつ伏せで寝る癖があったり、頬杖をついたりしていると、この正中線がズレる原因となることがあります。
▽▽クリックすると症例が開きます▽▽

正中線のずれ治療症例1

治療前
正中線のズレ治療前 正中線のズレ治療前 正中線のズレ治療前
治療後
正中線のズレ治療後 正中線のズレ治療後 正中線のズレ治療後

<トップへ戻る>

反対咬合・受け口

反対咬合
通常は上の歯が下の歯に覆い被さる形になるのですが、その噛み合わせが反対になってしまっていることを、反対咬合といいます。いわゆる「しゃくれ」というものです。
原因としては、遺伝によるものや、成長発育の異常、唇顎口蓋裂、巨大舌などが考えられます。
▽▽クリックすると症例が開きます▽▽

反対咬合治療症例1

治療前
反対咬合治療前 反対咬合治療前 反対咬合治療前
治療後
反対咬合治療後 反対咬合治療後 反対咬合治療後

<トップへ戻る>

外科矯正

外科矯正
ワイヤーを用いた通常の矯正では十分な治療効果が期待できない場合には、顎骨を外科的に切って動かす「外科矯正」を行う場合もあります。
▽▽クリックすると症例が開きます▽▽

外科矯正治療症例1

治療前
外科矯正治療前 外科矯正治療前 外科矯正治療前
治療後
外科矯正治療後 外科矯正治療後 外科矯正治療後

<トップへ戻る>



歯の矯正に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。|愛知県名古屋市のおおもり矯正歯科クリニック。tel:052-629-3399 mail:info@omori-ortho.com
|トップページ| 矯正歯科について| 治療費用について| 治療症例紹介| 医院・設備紹介| ご相談予約/ご意見箱| 求人情報|
Copyright© 2011 名古屋の矯正歯科・舌側矯正ならおおもり矯正歯科クリニック (愛知県名古屋市緑区) All Rights Reserved.